-おしらせ-
News
2024.7.1  ㈱エキスパートナー・ジャパン主催の医療機器初任者講習「薬事の学校」の開催を承継しました。


-当財団について-
About
-設立年-
Year of establishment
設立年 2024年
-財団理念-
Foundation philosophy
医療機器の産学連携、医工連携、IT連携といった共創環境の整備を振興し、さらに早期に確実に医療機器の開発、市販化を実現するため、医療機器企業の薬事業務を担う人材を育成する。
-事業内容-
Business details
(1)医療機器の薬事に関する人材育成事業 薬事初任者講習「薬事の学校」運営
(2)医療機器の開発に関する人材育成事業
(3)医療機器開発に係る情報提供事業(マッチング)
(4)健康に関する能力開発事業
 
-理事-
Director
理事長
藤塚秀樹(ふじつかひでき)

出身は大阪府箕面市。筑波大学物質分子工学科卒業後、大手行政書士事務所の医療機器許認可申請部門に入所。その後独立し、2001年、医療機器専門の薬事業務支援会社である㈱エキスパートナー・ジャパンを設立し、代表取締役社長に就任。製品開発、品質管理システム(QMS)、薬事申請等のコンサルティング、業務請負を中心に事業を展開。2005年より医療機器薬事担当者の人材育成事業「薬事の学校」主宰。同年、グループ企業として医療機器製造販売受託会社であるEPJメディカルサービス㈱(現ディーマー・メディカル・ジャパン)を設立し、代表取締役社長に就任。2024年7月、医療機器の共創開発、薬事人材開発を目的とした当財団を設立し、理事長に就任。

理事
三池信也(みいけしんや)

医療分野にてマーケティング、研究開発、企業経営に20年以上に渡って携わり、1998年、極細径内視鏡・医療機器ベンチャーとしてファイバーテック(株)、2016年、㈱ニューロシューティカルズを設立し、代表取締役就任。また、いくつかのVB企業EXI Tを経験。これまで培った経験と知識で新たな企業ステージを医療分野に構築し、経営支援、事業立ち上げ支援などにも携わり、様々なプロジェクトを主導し、東京都ベンチャー大賞、日本医療研究開発大賞 AMED理事長賞、世界発信コンペティション東京都ベンチャー技術優秀賞、日本ベンチャー学会会長賞など多数の受賞歴をもつ。
医療機器薬事業務に携わる人材の創出、共創開発の環境作りを目的とした当財団の設立目的に賛同し、2024年7月当財団の理事に就任。

理事
井出洋子(いでようこ)

神奈川県横浜市出身。国家資格キャリアコンサルタント及びキャリアコンサルティング二級技能士。
横浜市立大学文理学部心理学科卒業後、1990年にANA全日本空輸株式会社に客室乗務員として入社、主に国際線のチーフパーサーとして30年間乗務し、2020年に引退。
現在は人材育成と組織づくり、安全管理、リスク管理の専門家として活躍。
医療機器業界に特化した専門職キャリア形成、人材育成の環境作りを目的とした当財団の設立目的に賛同し、2024年7月当財団の理事に就任。

-事務所-
Office

一般財団法人 ヘルステック共創振興財団
103-0001
東京都中央区日本橋小伝馬町14-7 アクサ小伝馬町ビル7F
電話:03-3527-3789 FAX:03-3527-3790
医療機器薬事担当者育成事業
開校20年目 延べ1,500社以上 約2,600人の薬事担当者育成実績! 「薬事の学校」では早期に確実に“プロの薬事担当者”を養成し、“薬事に強い”医療機器会社を目指すことを目的として毎年開催しています。近年では薬事部門の方だけでなく、開発部門、門品質保証部の方も多くご参加いただいております。またこれから薬事業務を始める方だけでなく、ある程度経験があるものの改めて学び直したい方等への教育の場としてもお役立ていただいております。